読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

“佐野氏にパクられた”ザリコー氏 自身考案の五輪エンブレム公開 スポニチアネックス 8月18日(火)7時1分配信

ニュース ニュース-国内地域ニュース

はぁ? これが五輪(´・ω・`)

 

 

f:id:harusamekun:20150818134811p:plain

harusamekun-news.hatenablog.com

 

 

harusamekun-news.hatenablog.com

 

 2020年東京五輪公式エンブレムをデザインしたアートディレクター佐野研二郎氏(43)が手掛けたサントリービールのキャンペーン賞品の一部を取り下げた問題で、“模倣”された米デザイナーが17日、自身が考案した「東京五輪エンブレム」を公開した。

 このデザイナーは米国のベン・ザリコー氏で、佐野氏がキャンペーン賞品としてデザインした、右向きの矢印の中に白色で「BEACH」と書かれた看板の制作者。この日更新したデザイン事務所「ザリコー・オリジナル」の公式フェイスブック(FB)に「東京五輪エンブレム」として赤い丸の左下に波を描いた浮世絵を思わせるシンプルなデザイン画を掲載し「赤い丸は太陽、日の丸と日本人の精神、聖火の炎を象徴したもの。大きな波はTをモチーフにしており東京、(聖火を運ぶ)トーチを表現している」などと説明している。ザリコー氏は前日更新したFBに「オリンピック精神に基づき、佐野氏に挑戦します。創造性と独創性をもって。さあ、ゲームを始めましょう」と挑発していた。

 問題のデザインについて佐野氏はホームページで「複数のデザイナーと共同で制作した。デザインの一部に関して第三者のデザインをトレース(描き写し)していたことが判明した」と“パクリ”を認めている。

最終更新:8月18日(火)7時1分

headlines.yahoo.co.jp