読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

高岡商 惜しくも敗れる (2015年08月11日 18時17分)チューリップテレビ

ニュース-スポーツニュース ニュース

 

 夏の甲子園で県代表の高岡商業が11日、初戦を迎え東東京代表の関東第一と対戦しました。

 高岡商業は8点差を追いつく粘りをみせましたが惜しくも敗れました。

 試合は3回までに8点のリードを許した高岡商業が4回表、先頭の田越選手がチーム初ヒットを放ち出塁。

 3回までノーヒットに抑えられていた打線に勢いをつけます。

 これを皮切りに高岡商業は打線が繋がり、着実に点を重ねます。

 そしてツーアウトながら満塁のチャンスで駒方選手。

 センター前への当たりで、ランナー2人を帰し3点差とします。

 続くバッターは再び田越選手。

 「県大会で打てなかった分、甲子園では自分がチームの力になりたい」と話していた田越選手、左中間を破るこの回2本目のヒットで2点を追加。

 高岡商業はこの回、打者一巡、7本のヒットを放つ猛攻で7点をあげ、7対8、1点差にまで詰め寄ります。

 守っては先発の林投手からマウンドを引き継いだ2年生の北村投手が、抜群のコントロールで4回途中から6回までをヒット1本の無失点に抑えます。

 高岡商業は6回に同点に追いつきますが7回に2点を奪われ迎えた8回表。

 ランナー1・2塁、1打同点のチャンスでここまで3打数・3安打と当たっている田越選手。

 1塁をスタートした石黒選手は一歩目で足をつりながらも、「何が何でも走りきる」と気合のホームイン。

 これで2人が生還し、高岡商業は10対10の同点に追いつきます。

 しかしその裏、関東第一の機動力を生かした攻撃で再び2点を勝ち越されます。

 そして迎えた最終回。

 「大舞台でプレーできる感謝の気持ちをプレーで表したい」と口を揃えた高岡商業ナイン。

 最後まで強豪相手に粘りをみせましたがあと一歩及ばす、初戦突破はなりませんでした。

www.tulip-tv.co.jp