読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

<中国>「戦勝」初パレード 習主席「30万人兵削減」

ニュース-海外ニュース

 

 【北京・工藤哲】中国の「抗日戦争勝利70周年」記念日の3日、中国共産党・軍は北京の天安門広場周辺で、記念式典と軍事パレードを実施した。軍事パレードは2009年の建国60周年以来6年ぶりで、「抗日戦争勝利」を主題にしたのは初めて。中国で過去最大規模とされる。習近平国家主席は重要演説で兵員30万人を削減する方針を発表し、軍の近代化をさらに加速させる姿勢を示した。対日批判など現在の日中関係への言及はなかった。ロシアのプーチン大統領や韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領ら約30カ国の首脳級を含む約50カ国の政府代表団、潘基文(バン・キムン)国連事務総長ら国際機関の代表らが出席。安倍晋三首相や欧米主要国首脳は参加を見送った。

【データで見る太平洋戦争】ダイジェスト版

 軍事パレードは習政権下では初めて。習主席は、閲兵により軍を確実に掌握していることを内外にアピールし、権力基盤を盤石にしたいとの思惑がある。

 この日午前9時(日本時間同10時)から、天安門北側の広場で習主席と彭麗媛(ほうれいえん)夫人が各国首脳を出迎え、記念撮影をした後、ともに天安門城楼に上った。記念式典は午前10時(同11時)に始まり、70発の礼砲の後、国旗掲揚が行われた。

 その後、習主席が天安門城楼で演説し、「きょうは世界人民が永遠に記念すべき日だ。70年前、中国人民は14年の苦闘を経て抗日戦争で偉大な勝利を勝ち取り、世界の反ファシズム戦争で完全な勝利を宣言した」と歴史的な意義を指摘した。さらに「中国人民は東方の戦場において、膨大な犠牲を払い、反ファシズム戦争において、多大な貢献を果たし、世界の広い支持を得た」と述べ、戦後の国際秩序構築への中国の貢献を強調。「軍は祖国の安全と人民の平和な生活を守り、世界平和を守る神聖な使命を忠実に執行する」として兵員30万人の削減を宣言した。

 中国軍は現在、約233万人の兵員を抱える。最高実力者だったトウ小平氏は1985年、100万人の削減を断行。中国軍は97年から50万人を削減し、03年から20万人を削減してきた。習主席が30万人の削減を宣言した背景には、陸軍中心の部隊構成から空海軍のハイテク装備の充実に予算を振り向け、軍全体の近代化と統合化を加速させる狙いがある。

 習主席は演説後、オープンカーに乗って閲兵し、兵士1万2000人が参加する軍事パレードが行われた。披露された陸上装備は約40種500台(基)、航空機が約20種200機。中国軍はいずれも現役の国産主力装備で「84%が初公開」としている。最新鋭の戦車、無人偵察・攻撃機、北米を射程に収める大陸間弾道ミサイルICBM)「東風5B」や「空母キラー」と呼ばれる新型対艦弾道ミサイル「東風21D」、空母艦載機「殲15」などの最新兵器が初披露された。

 午後には各国代表団を歓迎する昼食のレセプションが開かれる。習主席はプーチン大統領と会談して共同会見に臨む。主に経済関係強化を目的とした約30の合意文書に署名する見通しだ。一連の行事には日本から村山富市元首相らが出席している。

 習主席は2日までに、北京入りした各国首脳と相次いで会談し、事実上の「戦勝国」外交を展開してきた。式典への参加国について、中国メディアは「軍事パレードに招待した51カ国のうち、日本とフィリピンだけが招待に応じなかった」(8月25日・環球網)などと伝え、今回の戦勝国外交が成果を収めたとの姿勢を強調している。

 北京ではここ数年、深刻な大気汚染に見舞われてきたが、中国当局は記念日のために工場操業や車両運行などの規制を強化し、3日は早朝から青空が広がった。



 ・70年前、中国人民は抗日戦争で勝利を勝ち取り、世界の反ファシズム戦争で勝利を宣言した。

 ・中国人民は東方の戦場で犠牲を払い、反ファシズム戦争で貢献を果たし、世界の支持を得た。

 ・新型国際関係を積極的に構築し、世界平和と発展の事業を共同推進すべきだ。

 ・抗日戦争勝利は、近代以降の中国への外敵侵入に対する初の勝利。民族の恥辱をそそいだ。

 ・軍は祖国の安全と人民の平和な生活を守り、世界平和を守る神聖な使命を忠実に執行する。軍の兵員を30万人削減する。

headlines.yahoo.co.jp