読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

新護衛艦「かが」に中国反発必至か 大きな「加賀」という艦名

ニュース

 

 

太平洋戦争開戦時、旧帝国海軍最大の航空母艦だった「加賀」

 本日、2015年8月27日(木)の14時半頃、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」の進水式が、ジャパンマリンユナイテッド磯子工場(神奈川県横浜市)にてとり行われました。

「かが」は今年3月に就役したばかりの新鋭艦「いずも」の2番艦であり、「ひゅうが」「いせ」「いずも」に続き4隻目となる全通飛行甲板を有す、事実上の“ヘリコプター空母”です。今後「かが」はジャパンマリンユナイテッド内において、必要な設備や装備を搭載する艤装作業へと移行し、2017年の就役を目指します。

 海上自衛隊の艦艇は進水式に先立ち命名式が行われるのが通例であり、本艦「かが」の名称は今日初めて明らかにされたものです。

 命名は、「海上自衛隊の使用する船舶の区分等及び名称等を付与する標準を定める訓令」に従って行われます。護衛艦は「天象・気象、山岳、河川、地方の名」を与えることが定められており、今回の「かが」は、かつての律令制における「加賀国(石川県)」を由来とします。これまでのヘリコプター搭載護衛艦も「ひゅうが(日向:宮崎県)」、「いせ(伊勢:三重県)」、「いずも(出雲:島根県)」と律令国から採られており、今回もその慣例に従ったものです。

 加賀国は江戸時代、百万石もの石高を有した最大の外様大名である前田家金沢藩の本拠地でした。また太平洋戦争開戦時、「加賀」は旧帝国海軍における最大の航空母艦でした。この「かが」という名は「いずも」と並び、自衛隊最大の護衛艦に相応しい格を有すといえるでしょう。2015年は3月に東京と金沢が北陸新幹線で結ばれるなど、「加賀国」と縁深い年となりました。

中国の反発は「いずも」以上か 知名度、武勲の大きい「加賀」

 しかし「かが」は、外交問題に発展する可能性も秘めています。

 2年前の2013年8月6日、「いずも」の進水式および命名が行われました。海上自衛隊初の本格的な空母ということもあり、その様子は国内外に大きく報道されましたが、中国メディアの反応は極めて強い拒否感を伴うものでした。

 その理由は、将来的に垂直離着陸戦闘機F-35B「ライトニングII」を搭載し脅威となるのではないかという観測(いまのところそうした予定はない)と、かつてその先代となる帝国海軍の装甲巡洋艦「出雲」が、旗艦として中国と交戦したこと。その名を継ぐ「いずも」に、中国メディアは反発しました。

 帝国海軍の空母「加賀」の名を継ぐ「かが」においても、「いずも」のときと全く同じことが繰り返されるでしょう。「加賀」は1932(昭和7)年の上海事変に投入されており、艦載機である三菱・一三式艦上攻撃機が地上爆撃を実施しました。また中島・三式艦上戦闘機中国軍戦闘機とドッグファイトとなり、旧日本軍において初となる撃墜を達成しています(ただし第一次世界大戦時、フランス軍へ義勇兵として志願した日本人エースは存在しました)。

「加賀」は1937(昭和12)年の盧溝橋事件に端を発する日中戦争でも活躍し、1941(昭和16)年の太平洋戦争勃発以降は帝国海軍の主力として「赤城」「蒼龍」「飛龍」「翔鶴」「瑞鶴」と共に、真珠湾攻撃において大きな戦果を上げています。

 そして1942(昭和17)年、ミッドウェイ海戦において米海軍ドーントレス急降下爆撃機の集中攻撃を受け、同海戦で沈んだ艦のなかでは最大の人的被害を出し、爆沈しました。

 空母「加賀」は知名度、武勲共に装甲巡洋艦「出雲」とは比較になりません。護衛艦「いずも」の2番艦に「かが」と命名した事実は「いずも」のとき以上に中国を刺激し、大きな反発を受けることになるでしょう。中国は今年9月3日に「対日戦勝70周年記念パレード」を控えており、今後「かが」の名が“軍国主義復活の象徴”として扱われる可能性もあります。

 元々、海上自衛隊イージス艦「こんごう」をはじめに、旧帝国海軍の武勲艦からその名を頂戴する伝統を有しており、これはいまに始まったことではありません。防衛省ならびに政府は「かが」が反日に利用されぬよう、十分な情報発信をしていく必要があります。

headlines.yahoo.co.jp