読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

最低賃金、全国平均18円引き上げ 企業側は負担増懸念

 

 最低賃金(時給)の47都道府県の改定額が24日、出そろった。全国平均は798円で引き上げ額は18円となり、単純比較できる2002年度以降で最大の上げ幅となった。公示などの手続きをした上で10月以降、順次改定される。

 最低賃金は企業が働き手に支払わないといけない最低限の賃金。労使や大学教授らでつくる厚生労働省の中央最低賃金審議会は7月、所得水準や物価をもとに都道府県をA~Dの4ランクにわけ、A19円、B18円、CとDが16円との引き上げ額の目安を示した。

 これをもとに地方の審議会で引き上げ額を議論。Aの愛知と大阪、Bの広島、C~Dの岩手、石川、島根、香川、長崎、熊本、大分は目安を1円上回り、Aの神奈川は1円下回った。そのほかは目安と同額だった。最高額(東京・907円)と最低額(鳥取など4県・693円)の差は214円で前年より3円広がった。

 ただ「目安ごえ」の数は13年度の41府県、14年度の22府県よりも減った。厚労省によると、最低賃金の引き上げで影響を受ける労働者の割合は、05年度に1・3%だったが、14年度は3・6%に増え、企業側は最低賃金引き上げによる負担増を懸念している。

朝日新聞社

headlines.yahoo.co.jp