読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

名スカウトが見た甲子園。プロで使える人、使えない人。

ニュース-スポーツニュース ニュース

 

 

夏の甲子園も、いよいよベスト4が出揃い、クライマックスが近づいてきた。例年ならば、ネット裏のプロ野球のスカウトは、この時期はすっかりと退散するものだが、今年の甲子園は東海大相模の小笠原慎之介、関東第一のオコエ瑠偉という2人のドラフト1位候補が残っているため、最後までマークを続けるスカウトが目立っている。

 では、今大会でプロのスカウトが見初めた選手は誰だったのか。逆に注目は浴びていたが、プロでの活躍に疑問符のつくのは誰なのか。ヤクルトのスカウトを33年間務め、石井一久池山隆寛古田敦也宮本慎也らを発掘した名スカウトの片岡宏雄氏に話を聞いた。

 片岡氏は、大会前にTHE PAGEで「今大会の特Aは小笠原とオコエの2人だけ」と、見ていた。ここまでの大会を見た上で、その見方は変わらないという。

「特Aは、小笠原とオコエの2人しかいないね。小笠原は、スピードだけでなく安定感もある。下半身もしっかりとしているし、左の本格派というのがなかなかプロでも出てきてないので、おそらく複数球団が1位で競合するだろう。プロのスカウトは、ピンチでの心理や性格もチェックするが、ピンチでのマウンドさばきも見事だった。オコエは、足だけで食える。甲子園の守備でも随所にセンスを見せた。繰り返すが、あの身体能力は、日ハムの陽岱鋼新庄剛志になれる素材。しかも、まだ未完成の魅力がある。映像を見る限り、性格的には心配はあるんだけど(笑)」

この2人を除いた中で、いわゆるA評価を片岡氏が与えたのは、ピッチャーでは、霞ヶ浦の綾部翔、2段モーションで物議をかもした専大松戸の原嵩の2人。

「2人ともスケールが大きかった。時間はかかるだろうが、プロで育てたい伸び幅を持った素材」

 逆に評価を落としたのは、東海大相模の吉田凌と、仙台育成の佐藤世那。敦賀気比の平沼翔太に関しては、野手としての評価だという。

「吉田は、去年の22三振を奪った頃に比べて、切れがなくなった。昨年の夏はどこまで伸びるかが楽しみだったが、空振りを取れるスライダーが曲がらなくなった。佐藤も馬力はあるが、あのアーム式の腕の使い方はこわい。平沼はピッチャーでなく野手だろう。素材としては雄平より上だ」

 野手では、準々決勝の秋田商戦で本塁打を放った仙台育英ショートストップ、平沢大河、花咲徳栄のセンター、大滝愛斗の名前が挙がった。

「平沢は動きが鋭くパンチ力もある。ドラフトでは人気になるだろう。大滝は足もあって身体能力が高い」

headlines.yahoo.co.jp