読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

又吉を嫌悪させた“タメ口”女性記者騒動 芸能レポーターがネット被害告発 夕刊フジ 8月17日(月)16時56分配信

 

 

 

harusamekun-news.hatenablog.com

 

 

harusamekun-news.hatenablog.com

 

 

harusamekun-news.hatenablog.com

 

 

harusamekun-news.hatenablog.com

 

 

harusamekun-news.hatenablog.com

 

 芸能レポーター松本佳子が16日夜、メインを務めるニコニコ生放送松本佳子のにちよる」で、ピースの又吉直樹がテレビ番組で揶揄した“距離感のない失礼な記者”の正体として、複数のインターネット掲示板に実名と画像が掲載された誹謗中傷被害を明かした。

又吉を嫌悪させた“タメ口”女性記者騒動 芸能レポーターがネット被害告発

芸能レポーター、コメンテーターとして活躍する松本佳子(写真:夕刊フジ)


 又吉は日本テレビのバラエティー番組「今夜くらべてみました」で、「苦手な女性」をテーマにトークを展開。受賞後の取材で初対面の女性記者に「どこに住んでんの?」「引っ越した?」とタメ口で迫られたことを告発。「距離感が不思議な人」と、やんわりとした表現で揶揄した。

 放送後、インターネット掲示板で女性記者の特定が進められたが、そこに“正体”として松本の名前、画像、ブログのリンクが張られ、掲示板のコメントを無断複製して作成するまとめサイトや個人ブログなどに次々と転載されていった。

 松本は「にちよる」で、コメンテーターを務めるテレビ番組に又吉が出演したことはあるが、直接のやりとりはなかったとし、タメ口記者であることを否定。名誉棄損、営業妨害にあたるとしてまとめサイトの管理者やブロガーに訂正を求めた。

 ネットの情報をうのみにして真実かのように転載する風潮にも苦言を呈し、「(自分が否定したことで)今度は別の女性記者の名前が挙がるのだろうか」と危惧した。

 インターネットによる誹謗中傷をめぐっては、2008年から09年にかけ、お笑いタレントを凶悪事件の犯人とする書き込みを行った19人が検挙されている。

 松本は女性週刊誌記者などを経て、現在、芸能コメンテーターとして「ドデスカ!」(メ~テレ)にレギュラー出演している。

headlines.yahoo.co.jp

最終更新:8月17日(月)18時47分