読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

<池袋暴走>「人が宙に飛んだ」猛スピードで激突 毎日新聞 8月17日(月)12時5分配信

 

 

 お盆休み最後の夜を楽しむ繁華街に猛スピードの乗用車が突っ込んだ。JR池袋駅前で16日に起きた暴走事故。歩道に乗り上げた乗用車は歩行者5人を次々とはね、沿道の衣料品販売店に激突して止まった。現場には砕けたガラスが散乱し、居合わせた目撃者は恐怖に立ちすくんだ。

<池袋暴走>「人が宙に飛んだ」猛スピードで激突

乗用車が繁華街の店舗に突っ込んだ直後の様子。右から3人目が金子庄一郎容疑者=東京都豊島区東池袋で(読者提供・一部画像を加工しています)

【騒然とする現場】事故の模様を写真特集と動画で見る

 「目の前を車が猛スピードで横切ったと思ったら、そのまま店に突っ込んだ」。現場近くの横断歩道を渡っていた時に事故を目撃した埼玉県の会社員、田口光範さん(22)は声を震わせた。

 衣料品販売店「ZARA」の柱は、くの字に折れ曲がり、車のバンパーもひしゃげて衝突の激しさを物語った。歩道上には歩行者が何人も倒れ、車の下敷きになった人もいた。「やばい、やばい」「早く救急車を」。現場では目撃者らが叫び声を上げ、倒れている負傷者に「大丈夫ですか」と懸命に声をかけ続けた。田口さんは「タイミングがずれていたら巻き込まれたかもしれない。怖くて震えが止まらない」と青ざめた。

 暴走車は池袋駅前の「池袋東口公共地下駐車場」を出た後、北へ進んだ。本来は約20メートル先で右回りにUターンして南に進むレーンだったが、そのまま直進。対向車線を横切って歩道に乗り上げた。Uターンする地点で、いったん止まったとの目撃情報もある。この地点に信号や一時停止の標識はない。

 車を運転していた医師の金子庄一郎容疑者(53)=東京都北区=の供述によると、16日午後1時ごろに車で自宅を出て、一人で横浜市鶴見区の寺で墓参りした。その後、池袋を訪れ、地下駐車場に車を止めて駅西口近くのラーメン店で食事をした後、車に戻ったといい、警視庁池袋署で裏付けを進める。

 事故に巻き込まれたのは25~71歳の男女5人。事故時、車は減速した様子はなく、車が突っ込んだ店前の交差点で信号待ちをしていた女性会社員(24)は「1メートル前にいた人がはねられ宙に飛んだ。ドンドンという鈍い音とともに次々とはねられた」と振り返る。

 会社員の柳下陽平さん(22)によると、金子容疑者は事故後、警察官に車から降ろされると「何が悪いんだ」と叫び声を上げて暴れ出したという。「普通の様子ではなかった」と顔をこわ張らせた。【山田麻未、宮崎隆、深津誠】

最終更新:8月17日(月)12時53分

headlines.yahoo.co.jp