読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

ヒット商品不在のマクドナルド 信頼・販売回復は険しい道、改革へ全戦力投入 SankeiBiz 2015/8/13 08:15

ニュース-経済ニュース ニュース

 

 

 日本マクドナルドホールディングスの2015年6月中間決算が過去最大の赤字に沈んだのは、異物混入問題の発覚などで信頼を失い、家族連れを中心に進んだ客離れに歯止めがかからないためだ。店舗の改装や顧客対応の改善、品質情報の開示などを徹底したものの、客足の戻りは鈍く、信頼と販売の回復に向けた道のりは依然険しい。

 

画像

 

[拡大]

「ビジネス回復のために必要なことは何でもやる」。サラ・カサノバ社長は東京都内で開いた12日の決算会見で、反転攻勢への決意を強調した。既存店の売上高は7月まで18カ月連続で前年実績割れとなっており、マイナス続きからの脱却が当面の課題となる。カサノバ社長は「ブランドには回復の傾向が見られる」とした上で「8月の売上高はプラスに転換する」との見通しを示した。

 もっとも、使用期限切れ鶏肉問題の影響で昨年8月以降、売上高の減少は2桁にも及んでおり、その分だけ今年8月以降は増収へのハードルが低くなっているのも事実。それだけにプラスに転換できたとしても「増加基調をその後も維持できるか」(アナリスト)が焦点となる。

 大胆な店舗改装とともに、マクドナルドが業績回復に向けた最大の“起爆剤”と位置付けるのが「魅力的なメニューの提供」(カサノバ社長)だ。売り上げ減少の要因は、画一的なメニューやサービスが客に飽きられたことも指摘されている。実際、08年に本格的な販売を始めた「クォーターパウンダー」が通常の2.5倍のビーフパティを使って人気を集めた後、ヒット商品は不在の状況が続く。

 売れる商品があれば、来客数は当然増える。そこで、画一的メニューの改革を目指して戦略的に投入するのが「日本独自のハンバーガー」(カサノバ社長)だ。これまでも「てりやき」「えびフィレオ」を定番メニュー化し、秋冬限定の「月見」「グラコロ」など日本独自の商品を展開してきた。下期は新たに日本各地の名産品や日本人が好む味付けにしたバーガーを相次いで売り出すという。

 もっとも、どの外食チェーンでも最近は大ヒット商品が生まれていない。このため、マクドナルドは世界各地の地域限定で売り出されている商品の投入も検討。持ちうる戦力を全て投入して顧客の選択肢を増やし、売り上げの積み上げを目指す。商品の改革などを通じ「16年に既存店売上高は(年間で)前年比プラスに転じる」と言い切るカサノバ社長。自信に現実が追いつけなければ、経営陣の責任が問われる事態は免れない。(今井裕治)

newsbiz.yahoo.co.jp