読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

【あるあるビジネス処方箋】30歳で頭角を現す人の特徴(2015.08.04)@DIME

 

 

 会社で、30歳で早くも頭角を現す人がいる。例えば、同世代の中でいち早く管理職に就いたり、大きな仕事を任せられたりする人たちである。取材を通して観察していると、この人たちには、一定の共通項があることに気づく。今回は、それらを紹介したい。

1.キャリアが一貫している

 30歳になり、頭角を現す人は22〜23歳で新卒として希望の会社に入り、順調にキャリアを積み重ねてきた人が多い。さしたる理由もなく、明確なプランもなく、数年ごとに次々と転職を繰り返し、それぞれの職場で違う仕事をしてきた人より、はるかに仕事のレベルが高い。

 例えば、AとBの2人の社員がいるとする。ともに22歳で社会人になり、Aはテレビ局に入り、30歳まで番組制作の仕事をした。一方で、Bはテレビ局に入り、最初は番組制作に関わっていたが、数年後に転職し、広告代理店で営業の仕事に携わる。さらに数年後、IT系企業に移り、データシステムを構築する仕事をしている。

 こうして見ると、Bのほうが様々なキャリアを積んで経験豊富なように見えるが、30歳の時点では、Aのほうに軍配が上がる可能性が高い。番組制作という1つの仕事に10年近く関わっただけに、知識もノウハウもスキルも十分だ。30歳で頭角を現すタイプの人の特徴のひとつが、キャリアがぶれることなく、一貫していることだ。転職そのものが問題ではなく、キャリアに一貫性があるか否かが問われるのだ。

2.深い思考力

 30歳まで一貫して1つの仕事に関わったとしても、ただ漫然と取り組んできたとしたら、問題がある。本来なら、仕事はできるだけ早く覚え、可能な限り、その質を上げていかなければならない。そのためには、機会あるごとに「どうすれば、もっとよくなるのか」と考えることが必要になる。

 多くの人の場合、多少は考えるものの、深く考え抜くことをしない。「もう、これくらいでいいだろう」と思考を停止してしまう。ところが、30歳で頭角を現す人は、20代前半の頃から、常に「どうするべきか」と考える習慣を身についている。決して、考えることを止めなかったのだ。その蓄積によって、30歳でハイレベルな仕事をできるようになるというわけだ。

3.適性がある

 30歳で頭角を現す人は、そもそも、その仕事に向いている可能性が高い。20代前半ですんなり、希望する仕事に就くことができたのも、適正があると判断されたからだ。新卒時の採用試験の面接官たちも、「この人なら、なんとか大丈夫だろう」などと思ったはずだ。入社後も、同世代の社員と比べて、仕事を素早く覚え、スムーズに30歳を迎えたのではないだろうか。適性があるからこそ、大きな問題もなく、成長することができたのだ。

 30歳で頭角を現すことができない人は、20代の時に多くの苦労をしたはずだ。例えば、上司や先輩、同僚らと人間関係のトラブルがあったり、仕事を覚えようとしても、時間がかかったのではないだろうか。同世代の社員と比べると、ミスも多く、上司などから信用されていなかったのではないだろうか。もちろん、これは悪いことではない。どんな仕事でもトラブルやミスは付き物だし、それを乗り越えて成長していくものだ。だが、厳しい見方をすると、トラブルやミスが多発する人は、その仕事への適性がないのかもしれない。

30歳で頭角を現す人の特徴

4.周りに理解者や支持者がいる

 20代前半から一貫したキャリアを積んで、仕事について深く考えることができると、実績や業績は同世代の中では高くなるものだ。上司や先輩たちからも注目され、大きな仕事や活躍できそうな仕事を任されやすい。自ずと、実績を残し、人事評価が高くなる傾向がある。取引先やお客さんなどからも信頼されやすくなる。こうなると、自信をますます持つようになり、仕事が面白くなり、一段と頭角を現すことができるようになる。このような理解者や支持者がいなければ、30歳で早々と頭角を現すことはできない。

5.上司に恵まれている

 会社員である限り、上司の存在は重要だ。実績を残したところで、上司がそれを認め、人事評価で高く評価し、さらに上の本部長や役員、人事部などにきちんとPRをしてくれないと、部下はなかなか認められない。特に30歳までは、キャリアが浅く、経験や場数を踏んでいないために、引き立ててくれる人がどうしても必要になる。自分一人でブレークすることはほぼ不可能だ。つまり、30歳で頭角を現す人は、得てして上司の強力な支援などがあるものだ。

 その意味で、上司に恵まれることが前提条件となる。ただし、まずは自分がそれにふさわしい人材になることが重要だ。少なくとも、20代の時、同世代の中で人事評価が上位2割以内に入りたい。そのくらいの「価値」がない限り、上司も引き立てようとはしない。

 最後に。大企業の場合、30歳で頭角を現すと、その後、遅くとも30代半ばから後半で、課長やその上の役職に就く可能性がある。40代前半から後半で早くも部長、執行役員、役員などに抜擢されることもある。50代で、役員や社長も夢ではない。

 たとえ、出世競争で敗れようとも、他の会社の役員などとして迎え入れられるかもしれない。今の20〜30代の人が、50〜60代を迎える時は、優秀な幹部社員の引き抜きが間違いなく盛んになっている。収入の差もより一層、大きくなっている。その時を見据え、20代の仕事のやる気がみなぎっている人は、今のうちから大いにがんばってほしい。必ず結果はついてくるはずだ。

文/吉田典史

ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。著書に「封印された震災死」(世界文化社)、「震災死」「あの日、負け組社員になった…」(ダイヤモンド社)、「非正社員から正社員になる!」(光文社)、「悶える職場 あなたの職場に潜む「狂気」を抉る」(光文社)など、多数。近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」(KADOKAWA中経出版)も好評発売中。

 

 

 

dime.jp