読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

佐藤江梨子さん妊娠7か月の姿を披露! いま「マタニティ」撮影を行う女性が増えている理由とは? Mocosuku Woman 8月6日(木)13時40分配信

 

 

今年1月に、ブラジル人一般男性との結婚・妊娠を発表した女優・佐藤江梨子さん(33)が、8月6日から放送のTVCMにマタニティ姿で登場し話題となっています。妊娠7か月ほどということですが、とても大きなお腹で、母となる喜びでいっぱいの笑顔が印象的です。最近は、歌手のhitomiさんや潮田玲子さんなどの著名人も、続々とブログやインスタグラムなどで、自身のマタニティ姿を投稿していますね。一般女性の間では、どうなのでしょうか。

◆「マタニティフォト」は当たり前!?

大手のフォトスタジオのホームページには、「お宮参り」や「百日祝い」、「ハーフバースデー」といった子どもの撮影メニューの一覧に、必ずと言っていいほど「マタニティ撮影」という項目が並んでいます。

もはや妊婦姿は、赤ちゃんの成長の1シーンと捉えられていて、新しく増えた家族を迎えて撮影する、最初の記念写真、という趣もあるようなのです。
最近は、スマートフォンなどで簡単にきれいな写真が撮れますが、やはりフォトスタジオでプロに撮影をしてもらった1枚は格別でしょう。

もちろん希望に沿った衣裳やヘアメイクもしてもらえます。最近は、ベリーペイント(お腹へのペイントをして撮影)や、マタニティヌード(セミヌード)、水着を着ての撮影など、個性的なマタニティフォトも増えているそうですよ。

◆妊婦さんの7割が「撮影したい!」

医療・健康系モバイルサービスを展開する株式会社プラスアールが運営する「カラダノート」内で実施した妊婦さんへのアンケート『妊娠中にやりたいこと・産院選びに関する調査』によると、

「マタニティーフォトを撮影してみたいですか?」という設問において、
・既に撮っている 8.9%
・撮ってみたい 72.1%
・撮りたいと思わない 19.0%

という結果となり、実に8割以上の妊婦さんがマタニティフォトに積極的であることがわかりました。

また、「妊娠中の日記やブログを書いていますか?」という設問においては、
・すでに書いている 47.2%
・書いてみたい 12.2%
・書いてみたいが何を書いていいかわからない 20.2%
・書きたいが時間がない 8.6%
・特に書きたくはない 11.9%

という結果となり、妊娠中の記録を写真や文章で残したい、という気持ちをもつ女性は非常に多いことがうかがえます。

◆ストレス解消!妊娠期間を楽しむために

妊娠中は、身体の変化によって様々なストレスも感じやすいものです。写真を撮ったり文章を書いたり、今の自分を肯定的に捉える何かに取り組むこと、やりたいことをすることなどは、出産へ向けての励みとなり、妊婦さんの精神にもよい効果を与えているようです。

本アンケートでは、妊婦さんが「やってる(やってみたい)こと」、また「やってよかったこと」などについて、以下のような回答があがりました。

・エコー写真やお腹写真、買った赤ちゃんのお洋服の写真などをまとめたアルバムを作っている。(30代 9か月)
・大きくなるお腹を同じ時期に妊娠した友達と写真を撮って見比べる(30代 8か月)
・今二人目を妊娠中ですが、上の子を妊娠中、胎動が凄くてぐにょんぐにょんに動くお腹をビデオカメラに残しました。(20代 3か月)
・大きなお腹に上の子が耳を当ててる写真が撮りたい!! (20代 ~2か月)
・ベビーグッズ(スタイ、帽子、おくるみ、ベビーシューズなど)を作ること。お腹が張りがちで、あまり出掛けられませんが、作っている時間はストレス解消にもなり、楽しいです。(30代 7か月)

出産までのわずかな時間を、充実したものにしたい、という妊婦さんたちの思いが伝わってきますよね。

調査概要
■カラダノート「妊娠中にやりたいこと・病院・産院選びに関する調査」
・調査方法:インターネット調査 「カラダノート」内、妊娠なう向けコーナーにて実施
・調査期間:2013年1月17日~2014年2月16日
・地域:全国
・対象者:カラダノート会員/「妊娠なう」の利用者
・有効回答数:337

<出典>
http://www.plusr.co.jp/2014/02/investigation/3502.html

Mocosuku編集部

headlines.yahoo.co.jp