読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好きwikipedia

 

 

キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き
『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』(キャッスル ミステリーさっかはじけんがおすき、原題 "Castle")はアメリカのABCで2009年から放送されているテレビドラマ(海外ドラマ)シリーズ。アメリカでは2014年9月29日からシーズン7を放送している。
日本ではFOXチャンネルが2010年3月15日にシーズン1、2011年4月4日にシーズン2、2012年4月13日にシーズン3、2013年4月19日にシーズン4を、NHK BSプレミアムが2012年10月3日から2012年12月6日まで「キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿~」としてシーズン1を放送した他、テレビ東京でも2015年6月1日から「ランチチャンネル」枠において「キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿~」としてシーズン1、続けてシーズン2を放送開始。Dlifeでも2014年12月19日から放送されている。現在シーズン2を放送中。 劇中に登場するキャッスルの著作「デリック・ストーム」シリーズと「ニッキー・ヒート」シリーズは本国では実際にリチャード・キャッスル名義で出版されており、「ニッキー・ヒート」シリーズに関しては日本でも翻訳されて出版されている。

あらすじ
推理小説作家のリック・キャッスルは小説を書けば必ず売れるほどの人気作家であるが、自分の成功に飽き飽きしていた。 そんなある日、彼の小説を模倣した殺人事件が起こる。事件そのものと、彼に事情聴取を行ったニューヨーク市警の刑事ケイト・ベケットに興味を持ったキャッスルは捜査への協力を申し出る。

リチャード(リック)・エドガー・キャッスル (Richard "Rick" Edgar Castle) / ネイサン・フィリオン / 加藤亮夫
26冊のベストセラーを持つ大人気のミステリー作家。出生名はリチャード・アレクサンダー・ロジャーズ。作家デビュー時に現在の名前に改名しており、ミドルネームのエドガーは言うまでもなく、エドガー・アラン・ポーから。
自分の生活に飽きを感じていた折に、自身の作品を模倣した事件の捜査で話を聞きに来たベケットと出会う。事件解決後もベストセラー作家としての様々なコネを使い、“相談役”として無理矢理ベケット達の捜査に加わる。突入などの危険な仕事には基本的に待機させられるが、「POLICE(警察)」の代わりに「WRITER(作家)」と書かれたボディアーマーを作り、着用して同行しようとすることもある。常におちゃらけているようだが、洞察力や推理力は高く、ベケットの警官になった背景を推測のみで言い当てた。但し、被疑者の嘘を裏付けも取ることなく信じてしまうなど詰めの甘い部分がある。執筆のため得た知識が捜査に役立つこともあり、さらに取材を通じて様々な専門家や犯罪者、スパイとも繋がりを持つ。ファン層が広く、それらが市長や検事にまで及ぶためにそのコネを使って捜査の手助けをすることも。
CIAの最新装備や博物館の恐竜、更には未知の物などに惹かれ、ハロウィンやクリスマスなどのイベントやお祭りごとが大好きであるなど、まさに少年がそのまま大人になったような性格。上記にあるように嘘に翻弄されやすく小心者な面もあり、ベケットを含めた周囲の仲間からからかわれることも多々ある。リゾート地であるハンプトンズに別荘を、また高級車を複数台所有しているなど、リッチでハンサムなため女性人気は非常に高いが、結婚には2度失敗している。最初の妻・メレディスとの間に娘のアレクシスをもうけたが離婚。再婚にも失敗し、現在は母マーサ、娘アレクシスとの三人暮らし。アレクシスを溺愛しており、「友パパ」を自称する。
本業の作家としては、長らく続いた人気作「デリック・ストーム」シリーズを主人公の死という強引な方法で終わらせた後、ベケットに出会ったことで彼女をモデルにした「ニッキー・ヒート」シリーズを執筆し始める。これもヒットし、後に映画化されるほどの人気作となった。リアリティを追い求め取材にはかなり熱心だが、それが原因で一年に一冊という出版ペースを揶揄される場面も。作家の大先輩(マイクル・コナリーデニス・ルヘイン、スティーブン・J・キャネルなど本物のミステリー作家)とポーカーをするのが趣味であり、推理能力に長けた彼らに事件の相談をすることもある。
作家を志したきっかけは幼少期に訪れた図書館で「ある人物」に薦められて読んだ「カジノ・ロワイヤル」。後にその人物がキャッスルの父親であり、国家諜報員であった為に正体を明かすことが出来なかったという事が再会した父本人から語られる。また、CIAへの取材活動などの許可にも影から手を回していた事が話されており、ずっと見守られていた事が発覚した。
ケイト・ベケット (Kate Beckett) / スタナ・カティック / 湯屋敦子
美人で聡明なニューヨーク市警12分署殺人課の刑事。ケイトは愛称で、本名はキャサリン・ホートン・ベケット。生真面目な性格からキャッスルを煙たがっているものの彼の作品の大ファンであり、ファンサイトに会員登録していたり、サイン会の長い列に加わったこともある。有能で事件の指揮を執ることが多く、FBIなど別組織の捜査員からも一目置かれるほど。真面目な性格の持ち主だが堅物というわけではなく、仲間との賭けに乗ったり、ネタがあればキャッスルをからかって日頃の仕返しをすることもある。
過去に母親が殺され未解決事件となってしまい、その犯人を捜すために警察に入ったという経歴を持つ。だが何年も捜査が全く進展しなかったため断念。ようやく心の整理がついた彼女にとっては、触れて欲しくない過去になっていた。シーズン2で同じ手口の事件が起きたことをきっかけに実行犯に辿り着き、再び事件を追うことを決意するが、そのことで事件の黒幕に命を狙われることになってしまう。この事件に関しては普段の冷静さを欠いてしまい、逆にキャッスルに窘められることも。
当初は警察内におけるキャッスルの存在を快く思っていなかったが、次第に彼のことを認め始め、幾多のすれ違いを経て最終的には恋愛関係へと発展。シーズン5最終話でキャッスルからのプロポーズを受ける

キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き - Wikipedia

www.tv-tokyo.co.jp