読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

「プリズン・ブレイク」正式に復活決定!FOX会長が認める シネマトゥデイ 8月7日(金)13時59分配信

ニュース-エンタメニュース ニュース

 

 

 人気海外ドラマ「プリズン・ブレイク」が来年、10エピソードの特別シリーズとして、7年ぶりに復活することが決定した。シリーズを手掛けるFOXテレビジョングループの会長兼CEOである、ダナ・ウォルデンとゲイリー・ニューマンが正式に認めた。

「プリズン・ブレイク」正式に復活決定!FOX会長が認める

「プリズン・ブレイク」シーズン2より - FOX / Photofest / ゲッティ イメージズ

【写真】ウェントワース・ミラー『バイオハザード』出演シーン

 2005年から2009年にアメリカで放送された同作は、無実の罪で死刑判決を受けた兄を救うため、刑務所に潜り込んだ主人公マイケル・スコフィールドが、大胆な脱獄計画を遂行するサスペンスドラマ。シーズン4まで製作され、日本でも「24 TWENTY FOUR」や「LOST」と共に、海外ドラマブームの火付け役となった。

 TVLineなどによると、現地時間6日に米ビバリーヒルズで行われたテレビ批評家協会のプレスツアーで、ゲイリーは「(マイケル役の)ウェントワース・ミラーも、(兄リンカーン・バローズ役の)ドミニク・パーセルも戻ってきます」とアナウンス。ダナも「最終シーズンから数年後を舞台に、兄弟はもちろん、ドラマの象徴的なキャラクターたちも帰ってきます」と明かした。

 しかし、ファンとして気になるのは、アナザーエピソードとして製作された「プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク」(2009)で描かれたあの結末。それについてダナは、「(シリーズの生みの親であるクリエイターの)ポール・シュアリングが持ち掛けてきた案は、なぜキャラクターたちが生きていて、いまだに世界を転々としているのかをきちんと説明するものだった」と語っている。(編集部・中山雄一朗)

headlines.yahoo.co.jp

 

ゲイをカミングアウトした「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラー複数回の自殺未遂を告白

8月にゲイであることをカミングアウトしたテレビドラマ「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーが、ティーンエイジャーのころ、自分の性的指向を隠し続けることのプレッシャーに耐えられず何度も自殺を図った過去を明かした。

 「毎日が試練だった。他人が普通だと認める生活に沿うことができない日々の繰り返しで、数えきれないほど自分を裏切った。最初に自殺を図ったのは15歳のときで、週末に家族がいなくなるのを待ってから、薬を大量に飲んだ。その週末に何が起きたかは覚えていないけど、月曜日には何事もなかったかのようにバスに乗って学校に行ったと思う」とウェントワースは米シアトルで開催されたLGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャルトランスジェンダー)のイベントで語っている。

 また、「助けてくれる人がいなければ、助けを求めることもできない」ともコメント。手を差し伸べることの重要性も強調した。

 同性愛者の権利に対するロシア政府の態度に抗議するためカミングアウトしたウェントワースだが、もう一つの目的もあったらしい。彼は、自分が悩んでいたときには存在しなかった手本となる人間になりたいと思い、ゲイであることを発表したのだという。(BANG Media International)

www.cinematoday.jp