読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニュース まとめ】はるさめ君にゅーす!

このブログは、常識・教養を身に付けるために、社会、ビジネス、健康、エンタメなどネット上の旬な情報を国内外から、ジャンルを問わず、さまざまなニュースや情報・知識を収集していくブログです。ニュースまとめます。

<京浜東北線>架線切れ停電、立ち往生…帰宅の足、直撃 毎日新聞 8月4日(火)21時52分配信

 

 4日午後7時10分ごろ、横浜市西区高島のJR京浜東北線横浜-桜木町間で架線が切れ、停電した。京浜東北線根岸線の蒲田-大船間、横浜線の東神奈川-中山間の上下線で運転を見合わせた。

 3本の電車が駅間の線路上で立ち往生した。新子安駅(同市神奈川区)付近と、桜木町駅(同市中区)付近で止まった電車の乗客は約1時間15分、電車内に閉じ込められ、JR東日本は電車から乗客を降ろし、線路上を歩いて最寄り駅まで誘導した。山手駅(同市中区)付近でも電車が止まったが、停電区間ではなかったため山手駅まで走行して乗客を降ろした。3本の電車には3000~4500人の乗客がいたという。

 乗客の避難誘導のため、JR東は並行して走る東海道線横須賀線の一部でも一時運転を見合わせ、上野東京ラインは終日上野駅で折り返し運転となった。湘南・新宿ラインも直通運転を取りやめた。

 横浜市消防局によると、新子安駅まで歩いた乗客のうち10~70代の男性5人が体調不良を訴え、病院に搬送された。命に別条はないという。

 桜木町駅に近いみなとみらい地区では4日夜、例年約20万人が訪れる花火大会が開かれた。桜木町駅には花火帰りの乗客が集中し、混乱に拍車がかかったとみられる。

 京浜東北線東海道線が通る品川駅(東京都港区)は、振り替え輸送の乗客らで混乱した。

 京浜急行線では改札前で入場制限され、警察官らが乗客らの誘導に当たった。タクシー乗り場には一時、数百メートルにわたって行列ができた。神奈川県平塚市の大学1年、川崎玲奈さん(19)は花火大会を見た後、平塚市の自宅まで帰ろうとして電車が止まった。兄の家がある品川駅まで約2時間かけて電車でたどりついたという。「花火はきれいで感動したが、家にも帰れず、すごく疲れた。散々でした」とぐったりしていた。【藤沢美由紀、山本将克、本多健】

headlines.yahoo.co.jp